■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2017-09-21

体操をするだけで、
不眠症が改善されるのは確かですよ!

不眠の原因はストレス。
そのストレスが積もりに積もって
不眠症を慢性化させてしまっているようです。

皆様は
「運動すると余計ストレスが溜まるのでは?」
と思われるかもしれませんが…

効率良く体操をすると、
ストレスを減らす事ができます。

ですが、
ただ単に体操をするのでは
不眠症改善の効果は期待できません。

体操といっても
効果があるものとないものがあるんですよね!

睡眠は7時と17時の体温差が大きいほど、
寝つきがいいといわれています。

なので、
17時、寝る前には
筋トレなどの激しい体操は控えるべきなんです。

からだが温まり過ぎて、眠れなくなってしまうからです。

一番いいのは、
午前中に体操をする事です。

体操をすると
ストレスホルモンも一緒に上昇していきます。

ところが5時間ほど経つと、
リバウンド効果により
ストレスホルモンが逆に減少していくのです。

その間に布団に入れば、
心地よく熟睡できるというわけです。

簡単にまとめますと…
午前中に体操をして体温を上げ、
からだを疲れさせます。

そして17時に体温が下がってくると
眠くなるというわけです。

遅くても
就寝前の約三時間前までには体温を上げておきましょう!

日頃からスポーツをしている人には
体操なんて簡単な事ですが、全く体操をしない人には、
連日の体操は難しいでしょう。

そういった方は、
軽めのウォーキングやストレッチでもいいので、
無理のない範囲でからだを動かしましょう!

からだがほぐれる程度でも
十分効果はありますよ。


ホーム サイトマップ