■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 最近非常に多くの芸能人やスポーツ選手がレーシックによって視力を取り戻しています。
その影響もあってか一般の人達もレーシックに興味を持ち続々とレーシックを受けているのです。
レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。




■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017-08-16

メタボと言うと、
お腹周りの贅肉をとにかく減らしたいと
腹筋など頑張るという方もいらっしゃるようですが…

実はメタボ改善という観点から見ると、
腹筋はあまり意味がないようです。

と言うのも
腹筋をしてもお腹周りの筋肉が鍛えられるだけで、
脂肪燃焼にはつながらないんです。

もちろん腹筋を鍛えることでお腹を引き締め、
筋肉量が増えることで基礎代謝が上がる効果を期待することもできますが、
それよりも全身を使うジョギングなどの有酸素トレーニングを行う方が
シェイプアップ効果という面からみると断然効果があるようです。

とはいえ
「効率の良いシェイプアップ」という視点からみると、
腹筋などの無酸素トレーニングも無視できないんですよね。

最近の研究によると…
有酸素トレーニングを行う前に、
腕立てや腹筋などの無酸素トレーニングを行うことで
より高いシェイプアップ効果が得られることが分かってきたのです。

つまり、ジョギングに出かける前に、
腹筋を行うとより高いシェイプアップ効果が得られると言うことです。

これなら
お腹引き締めと脂肪燃焼2つの効果を同時に得られることができ、
まさに効率の良いシェイプアップと言えるのではないでしょうか。

また楽しみながらシェイプアップを行いたいと言う方は、
スポーツジムなどに通うなど、
楽しみながら続けることができる環境を整えることも効果があります。

他にも一緒にシェイプアップを頑張る人を見つけることも効果的。
一人で黙々と歩く60分は長くても、
誰かとおしゃべりしながら歩く60分は
あっと言う間に過ぎてしまいますよ!

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

■レーシック情報:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■レーシック情報:気になるレーシック手術の使用器具
■レーシック情報:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき
■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係
■レーシック情報:適性はレーシックの種類によって変わる
■レーシック情報:あの松坂選手もレーシックを受けました
■レーシック情報:目に疾患がある時のレーシック
■レーシック情報:最も気になるレーシックの治療費用
■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)安全な優良レーシッククリニックを探している人へ