■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。



■レーシック情報:レーシックとドライアイとの関係ブログ:2017-06-24

りんごだけしか食べない
「りんご減量」というのは
短期間で体重を落としたい人に向いている減量法だという
印象があるかもしれませんが…

そもそもは
体の中の毒素排出を目的としていたものでした。

体調を良くするために
りんごが役に立つと思っている人は少なくありません。

しかし、体の中を洗浄するためのりんごは、
他の栄養素に悪影響を及ぼすフルーツとされています。

りんごは無闇に食べる物ではないというのが、
りんご減量を考案した人の考えだったようです。

実際、
クチのまわりや皮膚に出る
単純ヘルペスがあるという場合は、
りんごだけでなく
りんごを材料とした食品は
摂取しないように言われているほどです。

ですが、
体を浄化することが目的の場合に限って、
3日間りんごだけを摂取し続ける方法を勧めています。

りんごが体の浄化に役立つ理由は、
りんごの繊維が腸内に溜まったカスをはき出して、
きれいに掃除してくれるからです。

りんご減量では、
3日間生のりんごを食べ続けます。

そして、
水をたくさん飲み、
日々一定量のオリーブオイルを
摂取することで、
体の中の有毒物質を取り除けるわけです。

3日間という時間を確保し、
ゆっくりとりんごををかじることにより、
慌ただしく過ごしていた日々を見つめ直し、
心機一転して新しいことに取り組む
きっかけになることもあるのではないでしょうか。

すぐに減量効果を得たいという人には、
りんご減量はどうでしょう。

心身ともにリフレッシュするためにも、
りんご減量は役に立つと思いますよ!

ホーム サイトマップ